fbpx

ダンスの種類・ジャンルについて

electrick-troubleサムネイル

ヒップホップダンスは初心者でも踊れるの?動画を交えて特徴を解説!

HIPHOPダンスの特徴

HIPHOPはダンスの定義がとても難しいジャンルですね。

そもそもHIPHOPという言葉は、もともとはダンスのジャンルでなく、アメリカのストリートのカルチャー自体を指すもの。DJ、MC、B-boying(ブレイクダンス)、グラフティアート、この4つの要素をもととした、「文化」を指す言葉。

ダンスのジャンルとして定着したのは、1980年代以降。それまで、ロックダンス、ポップダンス、ブレイクダンスなど、定義が明確なダンスが流行していた、Old school(オールドスクール)という枠。そのカウンターカルチャーとしてNew school(ニュースクール)という言葉が使われるようになってきました。

HIPHOPはこのNew schoolの代名詞のようなジャンル。ランニングマンや、ロジャーラビットなど、動きによってある程度、判別することはできますが、定義が明確でなく、今までになかったダンス!というあいまいな位置づけになっているんですね。

Hiphop風景ロング

そのため、派生ジャンルも多く、Gils HIPHOPや、Jazz HIPHOP、など、他のダンスと紐づけられることも多い。たとえばJazz HIPHOPは、バレエの動きに、ストリートの音ハメを取り入れたもの。ビートに乗ってストリートダンスの要素を取り入れる、という大きな定義であるため、様々なジャンルに応用が利く、というわけです。

オールドスクールとニュースクールの間には、にミドルスクールという流れを挟むという考え方がありますが、ミドルスクールでは、それまでと同様、比較的早いリズムを刻みます。一方のニュースクール、HIPHOPは、ブラックミュージック、重たく、ゆっくりとした曲で踊ることが多いのも大きな特徴です。

ダンスでは、音ハメ、つまり、音に合わせて踊ることがとにかく大切!もちろん他ジャンルでも音楽ありきなのですが、ステップや動きに明確な決まりがない分、自由に音を表現できる。その分、音をとれているか、どれだけ表現できているかという点が、一番の評価ポイントになってきます。

HIPHOPの大御所ダンサー ELECTRIC TROUBLE

どのステップがHIPHOPかといわれると、やはり説明が難しい。

ビートを刻む、ということが大前提となるため、ダンススクールでは、UPとDOWNという2種類のリズム取りをとにかく練習。そこから先は、教えるインストラクターによって、かなり幅が出てきます。

HIPHOPは初心者でも踊れる?

ヒップホップは、経験者にも初心者にも、広く踊られているダンスです。その定義の広さから、簡単な振り付けにすることも、難しい振り月にすることもできるため、若い人から社会人まで、幅広い年齢層に受け入れられています。

ダンススクールでも、ジャンルとしてHIPHOPクラスを設けているところは多数あり、初級クラスも基本的にほとんどのスクールで用意されている。習う場所を探すには困らないでしょう。

ですが、定義の広いジャンルであるがゆえに、クラスによって若い人が集まっていたり難易度が低かっりとマチマチです。

HIPHOPを扱っているスクールと、その中でもどんなレベル、コンセプトでレッスンを作っているか、下の記事でおすすめのダンススクール を紹介していますので、スクールをお探しの方は参考にしてみてください。

HIPHOPを学べる東京都内ダンススクールまとめ!

aaa

関連記事

  1. break-dance-618891

    ブレイクダンスを学べる東京都内ダンススクール一覧!

  2. house-dance-658894

    ハウスダンスは初心者でも踊れるの?動画を交えて特徴を解説!

  3. pop-dance-744795

    ポップダンスを学べる東京都内ダンススクールまとめ!

  4. vogue-dancer-124680

    ヴォーギング(ヴォーグダンス)を学べる東京都内ダンススクールまとめ!

  5. lock dance

    ロックダンスは初心者でも踊れるの?動画を交えて特徴を解説!

  6. hiphop-dance-154776

    ヒップホップを学べるダンススクール!東京都内ではココがおすすめ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP