fbpx

ダンスの種類・ジャンルについて

hiphop-dance-154776

ヒップホップとは?歴史から紐解くダンスの特徴と基礎となるステップ

近年、フリースタイルダンジョンなど、ラップシーンの台頭によってより一般的になってきた「ヒップホップ」という言葉。

ですが、その内容を聞いていても、いまいち意味が伝わってこない言葉でもありますよね?

特にダンスシーンと音楽シーンで耳にするこのワード。

  • EXILEみたくなりたいから、ヒップホップダンスを習うことにする!
  • やっぱりヒップホップの曲は昔の重たいビートの方が好き!

あ、あれ?ダンスのジャンルかと思ってたけど音楽のジャンルのこと?と混乱してしまう人も多いものです。

ヒップホップは本来、1970年代から始まった、黒人のストリートカルチャーを指すもの。ダンスでも音楽でもなく、「文化」を表す言葉なんです。

今回の記事では、ヒップホップの歴史を紐解き、ダンスの特徴や必要なアイテム、基礎について解説していきます。

ヒップホップの歴史

ヒップホップの文化は、大きく分けて4つの要素に分かれています。

  • B-BOYING(ダンス)
  • MC
  • DJ
  • グラフティアート

各要素については「ヒップホップの4つの要素 ~Four Elements of Hiphop~」で解説していますので、ここではB-BOYING(ダンス)について。

B-BOYINGは、ブレイクダンスとして認知されがちですが、当時を生きてきたダンサーが語るところから察するに、当時踊られていたストリートダンス全般を指すようです。

REDBULLの取材で、その当時のことが詳しく書かれています。
>>「ヒップホップという言葉に意味なんてなかった」 ― 伝説の男たちが語る、真の歴史

要約すると、

1973年から始まったB-BOYING(ダンス)・MC・DJ・グラフティアートのムーブメント。この4つのカルチャーはそれぞれの分野で広がりを見せていましたが、その当時は実は「ヒップホップ」なんて言葉は存在しなかった。

いつの時代も言葉を作るのはメディアであり、ヒップホップも例外ではなかったようです。

この言葉ができたのは1980年代初頭、名もない黒人文化だった4つのカルチャーについて、当時の記者が、ヒップホップの生みの親ともいわれるアフリカバンバータに取材をします。

その当時のラップの流行で「HIP HIP!HOP HOP!」という煽り言葉が使われてはいたのですが、アフリカバンバータは、そのときのやり取りで「ヒップホップ」という言葉は使わず、実際にラップを見せて、これが文化だと示しました。

ですが、記者はこれらの文化を「ヒップホップ」と名前を付けて取り上げた。これがヒップホップの始まり。

なので、1973年からこれらの文化は存在していましたが、ヒップホップとして認知されたのはこの記事が出た1982年。ヒップホップの指すダンスとはストリートダンス全般で、当時はB-BOYNGと呼ばれていた。というわけです。

ちなみにストリートダンスの中でも、ブレイクダンスとポップダンスがもっとも初期に踊られていたダンスのようですね。

現代のヒップホップダンスとは?

ですが、これはあくまで当時の話であり、今現在日本で言われているダンスとしてのヒップホップは意味を変えています。

歴史の変遷と合わせ、ダンスのジャンルにも古い、新しいがありますが、1973年から初期のものをオールドスクール、その次にミドルスクール、1990年代から現在はニュースクールと呼ばれます。

ヒップホップが誕生した当初のダンスは、オールドスクールに分類されますが、現代での「ヒップホップ」のジャンルはなぜかニュースクールに分類されています。

これは個人的な意見ですが、オールドスクールのダンスは、ロック、ポップ、ブレイクなど、非常に特徴的なジャンルが多く、現在のヒップホップは、そのカウンターカルチャーとして、「オールドスクールに分類できないその他のダンス」という意味合いが強く残っているためではないかなと思います。

様々なメディアで、ヒップホップは型にとらわれない自由なストリートダンスと説明されますが、それはこういった歴史が背景にあるからなんですね。

ヒップホップを踊る芸能人・ダンサー

ヒップホップを踊っているとされるダンサーはアーティストや芸能人にも多くいますね。

この人たちのダンスを見れば、ヒップホップがどんなダンスなのか、少しわかってくるのではないかと思います。

EXILE

代表的なのは、言わずと知れたメジャーアーティスト、EXILEですね。ヒップホップをベースに踊りますが、一人一人のダンスに特徴があります。USA(ウサ)のダンスは特に個性的ですね。

最近ではクランプを踊るメンバーも増えてきており、EXILEのダンススクール、EXPGでもこのジャンルを取り扱うようになっています。

三浦大知

三浦大知も、ダンスのうまいアーティストとしてよく取り上げられますね。歌いながらよくこれだけのダンスが踊れるな…と話題になるアーティスト。

純粋なヒップホップだけでなく、色気のあるジャズヒップホップも得意としています。

s**t kingz

s**t kingz(シットキングス)は、アメリカの「BODY ROCK」で2年続けて優勝し、その名を世界にとどろかせたチーム。今現在も各地でワークショップを開催したりと第一線で活躍しています。ダンス界では名の知れた、非常にファンの多いヒップホップチームですね。

ヒップホップの基礎となるステップ

ヒップホップで大切なのは、

  • 体でリズムを取れるようになること
  • 体をイメージ通りに動かせるようになること

の2つ。

基本的には、アップとダウンという2つのリズムを使いながら、それに合わせて体を動かしていくので、まずはじめにこのリズム取りを基礎として学びます。

また、体をコントロールするために、アイソレーションという体の一部のみを動かす練習も欠かせません。

アイソレーションについては「ダンスにアイソレーションを取り入れる意味と効果を考える」で解説していますので、聞いたことが無い!というかたは参考にしてみてください。

自由度の高いヒップホップですが、「これはヒップホップのステップ!」とされるものはいくつか存在します。

ランニングマン

最も有名でシンプルなのは、「ランニングマン」でしょうか。その場でランニングをするようなイメージで踏むステップ。

動画を見れば、「あぁこれね!」とピンとくる方もいるかもしれません。

クラブ

次に「クラブ」。ヒップホップはつま先とカカトを交互に使って移動したりすることが多いのですが、その最も根本的となる基礎のステップですね。

ヒール&トゥ

かかととつま先が使えるようになってくると、こんな動きもできるようになります。

フォーシング

応用次第で、不思議な滑って見えるステップも。

ヒップホップで学ぶのは体の使い方!それは筋力ではなく、感覚を磨くことが大切だということです。

運動神経が無くてもダンスはできる。その理由がコレ。練習のしがいがあると思いませんか?ダンスがうまくなるかどうかはやったかやらなかったか!

今の時代はYOUTUBEだけでも、こんな本格的な動画がいくつもUPされているので、時間を見つけて練習することができます。

東京都内でヒップホップを学べるダンススクールは?

ただし、どんな内容、どんな意識で練習すればいいかは最初に学んでおいたほうが良い。できるならはじめはダンススクールに通いましょう。

当サイトは都内の情報サイトなので東京に限定されてしまいますが、簡単におススメのダンススクールをご紹介しておきます。

初心者から始める場合と、ダンスの経験がある場合で2校ずつ、計4校をご紹介します。

初心者におススメのヒップホップダンススクール

まずは初心者から始める場合。

都内のスクールはプロレベルまで教えているところが多くあるので、未経験から始める場合は注意が必要です。

ETCダンススクール

etc-dance-school-logo2

1つ目のおススメはETCダンススクール。歴史の長い大手ダンススクールの1つで、ストリートダンス全般を扱っています。

校舎数も多く、近くのスクールを選んで通えるのも魅力。

>>ETCダンススクール公式HP

NOAダンスアカデミー

NOA-dance-academy-128822png

そしてもう一つは、NOAダンスアカデミー。こちらも大手で、音楽スタジオも手がける企業。

有名講師が初心者クラスを教えているので、早期のレベルアップが期待できます。

>>NOAダンスアカデミーの公式HP

経験者におススメのダンススクール

Enダンススタジオ

En-dance-studio-logo-663298

すでにある程度経験があるのならEnダンススタジオがおススメ。プロを目指すダンサーも多く通うエリートスクール。

先ほどご紹介したシットキングスのワークショップを始め、海外からも有名講師を招いてレッスンを行う本格派スクールです。

>>Enダンススタジオの公式HP

ダンスワークス

dance-works-logo-596797

経験者用のおススメスクール、2校目はダンスワークス。スクール自身が経験者専用、と宣言して作っているクラスも多くある、こちらも名門スクールです。

基礎のステップ、フォーシングの動画に登場していた、Akihik☆彡(アキヒコ)先生も在籍しています。

女性専用の姉妹校、レイダンスコレクションもおススメ。

>>ダンスワークスの公式HP
>>レイダンスコレクションの公式HP

初心者メインのスクールも、経験者メインのスクールも、基本的に料金体系はあまり変わりません。自分に合ったレベルで選択しましょう。

もっと東京のダンススクールについて詳しく知りたい方は「東京都内ヒップホップダンススクールは30校以上!失敗しないために気を付けたいポイントは?」でご紹介していますので読んでみてください。

ヒップホップのファッションの特徴

最後におまけでファッションについてご紹介します。

今はダンススタイルの垣根を越えて、自分のカッコいいと思う服装で踊るのが一般的。Gパンで踊るのも、シャツを着て踊るのも自由!

ヒップホップは、だぼだぼの派手目な服装で踊るイメージがありますよね?

B系ファッションは、ギャングスタファッションとも呼ばれ、貧困の中でも強く生きるストリートダンサーの象徴的な着こなしです。

そのはしりとなったのが、ニューヨークのヒップホップアーティスト、RUN-DMC。今でもロゴデザインをモチーフにプリントされたTシャツなどはよく見かけますね。

RUN-DMC-logo

彼らが着ていたファッション、カンゴールのアンゴラウール素材のハットや、アディダスの首まで隠れるジャージ(トラックスーツ)は今でもオールドスクール好きのダンサーに、愛され続けています。

転機は2000年代初期。今までのストリートの着こなしもやや流行遅れとなり、のちにディオールオムなど、メゾンブランドによる細身ハイブランドのラグストリートに取って代わられていきます。

ヒップホップでのファッションは主に2通り。

  • 全体的にゆとりを持たせたビッグシルエットのファッション
  • 細身の洗練されたパンツなどを、ストリートのアイテムで着崩したファッション

歴史を重んじて初期のユルめの服を選ぶか、それともスタイリッシュに古いものと新しいものの組み合わせで魅せるか。

ダンスのスタイルによっても嗜好が変わってくるので、自分にあったファッションを探してみましょう。

ダンスにおススメのブランドや、練習着におススメのメーカーについて知りたい方は、「ダンスは服装で決まる?人気ブランド着こなし術」から、知りたい情報を探してみてください。

最後に、最近のダンサーは、どんな服装でどんなダンスを踊っているのかをチェックして、自分に合うファッションをイメージしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ヒップホップは音楽、ファッション、そしてダンス、歴史を積み重ねて今がある、とてもおもしろいジャンルです。

「先人の後を追うのではなく、先人の求めたるところを追え。」

過去から未来へつながる、あなただけのヒップホップをぜひ研究してみてくださいね。

関連記事

  1. themepark-dancer

    ミュージカルのダンススクールはどうやって探す?東京都内のおすすめを紹介…

  2. dancing-1245865_640

    ワックダンス(パンキング)を学べる東京都内ダンススクールまとめ!

  3. house-shoes-151949.jpg

    ハウスダンスを学べる東京都内ダンススクールまとめ!

  4. vogue-legs-103725

    ヴォーギング(ヴォーグダンス)は初心者でも踊れるの?動画を交えて特徴を…

  5. breakdance-643670

    ブレイクダンスは初心者でも踊れるの?動画を交えて特徴を解説!

  6. lock dance

    ロックダンスは初心者でも踊れるの?動画を交えて特徴を解説!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP