fbpx

ダンスの注目イベントと話題のニュース

BOTY-japan

ブレイクダンス世界4大イベント、BOTY JAPAN 2018が開催!

バトルオブザイヤー、通称BOTY(ボティ)は1990年より行われているドイツ発祥、ブレイクダンスの世界大会!

この日本一を決める大会が2018年、7月に開催されます!同大会で日本一となったチームはフランスで行われる世界大会への出場権を獲得できます!

現在日本では、世界トップB-BOYの1人、タイスケを擁するTHE floorriorez (フローリアーズ)が、過去に例を見ない世界3連覇を達成中!日本は今ノリにノっている国なんです。

今は若手もどんどん世界レベルの結果を残してきている。日本の代表は今年もフローリアーズとなるか、それとも、ジャイアントキリングが起こるのか!クラブチッタで、今年も熱い戦いが繰り広げられます!

BATTLE OF THE YEAR 2018の詳細

日程/時間
2018年7月16日(月・祝)/14:00~
料金
前売り 3,800円(別途1ドリンクオーダー必要)
当日 4,200円(別途1ドリンクオーダー必要)
1人3,500円(観覧費不要、イベント当日支払い)
会場
CLUB CITTA'(クラブチッタ)
住所
〒210-0023 神奈川県川崎市川崎区小川町4-1
アクセス
JR「川崎駅」より徒歩5分

バトルオブザイヤーについて

バトルオブザイヤーは、単なるバトルイベントとは少し違います。

1次審査は各チーム、ショーケースを披露。そして評価の高かった4チームがピックアップされ、バトルを行うこととなる。単にバトルが強いだけでなく、チームとしての結束力や、練習量もわかりやすく結果に現れてくるシステムです!

苦節、日本は1990年から2014年まで、一度も優勝したことがなく、フランスや韓国が主役となることの多い大会でした。

一方で、ショーサイドのプライズであるベストショーを、日本は世界最多の10回も獲得しており、2位のフランス(5回)を大きく引き離しています。日本のブレイクダンスショーケースは世界的にレベルが高いんです。

ですが、ショーサイドで好成績を残し、規定の4チームにはピックアップされるものの、その後のトーナメントバトルで、個の力及ばす、優勝できずにいたんですね。

BOTYジャパンは日本代表決定戦!

そんな中躍動したのがB-BOYタイスケ。これまたブレイクダンスの世界大会、レッドブルBC1で、2008年と、2014年の2度、ソロバトルで準優勝を果たします。

日本の個のレベルを押し上げていった第一人者。ブレイクダンスをやっているのなら、知らない人はいないでしょう。

このタイスケを擁するThe Floorriorz(フローリアーズ)が、なんと2015年〜2017年の3年間、連続で世界1位を獲得したのです!

このすごさ、わかりますか?

今回ご紹介している2017/16のBOTYジャパン、つまり日本代表決定戦は、世界1位でノリのノっているフローリアーズと、今猛烈に、日本のレベルを押し上げている日本の新世代が、血で血を洗う骨肉の争いなのです!

映画バトルオブザイヤー

2014年にバトルオブザイヤーをメインストーリーとして映画が発売されています。価格も安いので、ブレイクダンスファンは要チェック!

映画というよりはドキュメント?にちょっとベタな演技を当てたという評価が多いようですが、ダンスのレベルは非常に高いので、ダンサーは楽しめるのではないかなと思います。

何が言いたいかといえば、映画化されるほどにアツいイベントだから、見に行ったら絶対おもしろいよ!ということ。

今まさに日本は世代交代の真っ只中。今回の日本代表決定戦でも、アツい戦いが繰り広げられること間違いなしです!

バトルDJ、ジャッジ陣

mixing-desk-351478

今回はジャッジにKrazy Kujoが参戦!ストロングスタイルの先駆者で、有名B-BOYたちがさらに憧れるB-BOY、世界のレジェンドの一人。

関西からはWU-TAN!音に合わせたスタイリッシュなB-BOYでファンも非常に多い…!オリジナルのコンボも数えきれないほど持っているオシャレダンサー。

今回も多方面から、まだまだ現役のスーパーダンサーが集結しています。

バトルMC:MC USK

バトルDJ:DJ TOGACEE /DJ LIGHT

JUDGE’s:Krazy Kujo (Soul Control/ILL-Abilities) /JACK(WASEDA BREAKERS) /WU-TAN (AIR REAL) /STEEZ (THE FLOORRIORZ/TAKE NOTICE) /RYUJI (Body carnival)

まとめ

日本代表決定戦でも、世界線と同じくショーサイドからのピックアップアップ。選ばれた4チームでのバトルというシステムは変わらず。今回も各チーム思考を凝らした作品がたくさん登場するのだろうと思います。

もっとも輝くチームはどこなのか、バトルとショーの両方を堪能できる本大会、今年も楽しみですね!

aaa

関連記事

  1. legend-tokyo8_logo

    ダンスショーコンテストの祭典、レジェンドTOKYO vol.8が開催!…

  2. HIPHOP-349661

    HIPHOPの4つの要素 ~Four Elements of Hiph…

  3. ultra-japan-324855

    日本最大のクラブフェス、ウルトラジャパン 2018が今年も開催!

  4. Les Twins @Juste Debout

    立ち踊りの最高峰Juste Debout!

  5. syounen champuru(logo)

    スーパーチャンプル復活!?一世を風靡したあのTV番組が再度地上波に!

  6. hiphop-dance-154776

    東京都内ヒップホップダンススクールは30校以上!迷わず選ぶ方法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP