fbpx

ダンスの注目イベントと話題のニュース

do-over-logo

Do Over 2019 アディダスの人気野外イベントがお台場シーサイドにて開催!

アディダスの人気イベント、do over、今年は6/1に開催が決定!

屋外のCHILLなイベントにDJブースや飲食ブースが開かれ、毎年老若男女、日本人外国人問わず人気を博しています。

2018年は開催が見送られ、失意に胸打たれた方も多かったのではないでしょうか…

令和元年の開催は本当に嬉しい!

流れる音楽はハウス、テクノのような今はやりのクラブミュージックだけでなく、ヒップホップやファンクなど、オールドスクールな音楽も流れ、時にはサークルができて踊りだす人も!

ワールドワイドなこの夏も注目のイベントです!

The Do Over 2019詳細

日程/時間 2019年6/1(土)開場時間:12:00~21:00
料金 入場料2,000円
会場 お台場シーサイドコート
住所 東京都江東区青海2丁目
アクセス ■ゆりかもめ『青海駅』より徒歩1分
■りんかい線『東京テレポート駅』より徒歩7分

アディダス主催の開放的な野外イベント!

DJブースがおかれ野外クラブイベントの洋装で行われるDo Over!

ゲストDJはシークレットとなっており明かされていませんが、アディダスオリジナルスの主催とあって期待は高まります。

アディダスオリジナルスはアディダスのラインの中でも月桂樹の冠の冠を模したトレフォイルマークの方ですね。

斜め3本ラインの方はパフォーマンスロゴと呼ばれており、一般に広く普及しているライン。

前者のほうが歴史が古く、オールドスクールが大好きな人々はこぞって葉っぱマークのアディダスを愛用しています。

というわけで今回のイベントもこのヒップホップにより関係の深いアディダスオリジナルスの主催であることを豆知識としてまずは一つ。

お酒も飲める!イケてるショップ多数

ジャックダニエルなどイベント常連ブースも並んでおり、飲食もOK!

いいお酒を飲みながらいい音楽を聴く!そしてダンスもOKなんてこんな素敵なイベントはなかなかないですね。

2017年は当時注目され始めていたコカレロなんてお酒も出店しており、ショップにもこだわりが感じられる。

飲食ブースにも注目したいイベントです!

座れるスペースは少ない

野外クラブイベントということもあって基本的にはみんな立ちっぱなしで音楽に身を委ねます。

ただ、お酒も入ってくると足腰も砕けてくるようで、地べたや建物の角を見つけて座り込む人も過去にはちらほら…というかかなり見かけました。

レジャーシートを持ってきている人もいたような?

地面は整備されているので、そのまま座ってもよし!という服装で来たほうが当日は楽しめるかも?

事前エントリーを済ませておこう!

Do Overの入場は、公式サイトから事前エントリーを行うことで完了。

決済は当日の会場でOKです。

エントリーに関しては、メールアドレスと氏名の入力のみで大丈夫なので早めに登録しておきましょう。

さぁ、あとは開放的なお台場の空の下で思いっきり音楽とお酒を楽しむのみ!

パワフルでフレッシュなイベントになるよう、今年も最高にカッコいい自分で会場へと向かいましょう。

Do Over公式サイトへ

関連記事

  1. BOTY-japan

    ブレイクダンス世界4大イベント、BOTY JAPAN 2018が開催!…

  2. summer-bomb-2018

    ZEEBRAの送るHIPHOPフェス!SUMMER BOMが熱すぎ!

  3. dance-delight

    ダンスディライト2019FINALがパシフィコ横浜で開催!

  4. battle-of-the-year-2019

    バトルオブザイヤー(BOTY)2019!詳細&アクセス、ブレイクダンス…

  5. syounen champuru(logo)

    ダンスTVの金字塔、少年チャンプル(スーパーチャンプル)の豪華ダンサー…

  6. dictionary-2718845_640

    HIPHOP用語索引 スラングなど

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP