ダンススクールの選び方

I-love-you-556135

ダンスが上手いとモテるの?クラブでも、部活でも、やっぱり人気なのはあのジャンル!

ダンスをやりたいのはもちろん、音楽が好きだからだよ!体を動かすのが好きだからだよ!というのは建前で、本音はどう?

シンプルに言えば、イケイケになりたい!というのが、やっぱり一番の動機です。

モテたいというと語弊があるかもしれませんが、キレイになりたい、カッコよくなりたい、っていうのは、女子も男子も共通項なのかなと思います。

では、実際問題、ダンスを始めてみんなイケイケになれたのか?ダンスをやっている人はモテるイメージがあるけど、実際はどうなの?といったところを、解説してみたいと思います。

モテるダンスのジャンルは、やはり王道HIPHOP!

一口にダンスといっても、ダンスには様々なジャンルがあります。その中でも、女性にモテるダンスはやはりHIPHOP!

これはダンサー仲間から聞いても、やはり一番モテるジャンルですね。

ストリートダンスには、ブレイクダンスやロックダンスなどもありますが、なんだかすごすぎて、どのくらいすごいのかが逆にわからない…なんていう意見もよく聞くところです。

HIPHOPは、EXILEや三浦大知の踊っているダンスなので、よく知られていますし、カッコいい人の踊るダンス!というイメージが強いですね。

女性のモテるダンスというと、ジャズダンスか、バレエ(ジャズダンスも、バレエの要素を多く取り入れたジャンルです)。

女性らしさを追求しているダンス、というのがやはり人気があるポイント。品のあるダンスを踊っていることで、ちゃんと美意識や体系に気を使っているんだな、という意識が見えるのも良い。

さわやかなイケメンくんに奥さんの話を聞くと、バレエを昔やっていたという話がちょこちょこ出てきます。

ダンスは趣味としてモテるもの?

まずはダンスが趣味としてどうなの?といったところから。趣味は長く続けられること、金銭的に負荷が少ないこと、一人でも、家でもできること、なんてことが、大切だと言われます。

ダンスなんて場所を選ばなければどこでもできるので、一見適しているように思いますね。

マイナビウーマンで行われた「男女別、モテる趣味ランキング」では以下のようになっています。

  男性がモテる趣味 女性がモテる趣味
1位 スポーツ 料理
2位 アウトドア系 映画鑑賞
3位 読書 スポーツ
4位 釣り スポーツ観戦
5位 旅行 読書
6位 サッカー お菓子作り
7位 映画鑑賞 ランニング
8位 楽器 手芸
9位 ドライブ ピアノ
10位 音楽 山登り

出展:”マイナビウーマン”

スポーツは一括りにされてしまっていますが、女性では特にランニング、男性ではサッカーをしている人がモテるようですね!

あ、あれ?ダンスは?

この表に、ダンスの文字はありません。そんなバカな…。ランクインしていることを信じ、他のランキングもひたすら調べてみました。

すると、いくつかのランキングでは、5〜10位でちらほら見かけることも。信頼のあるところではcancanの、男性がやっていたらモテる趣味アンケートで、見事5位にランクインしていました。

これでダンスがモテる趣味であることが証明されましたね。(よかった…)

ただ、女性がダンスをやっていて男にモテるという意見はあまりありませんでした。

女性は社会人になると、ダンスをやめてしまう人も多いので、男性からすると、モテる趣味、と言うよりは意外な趣味、に分類されてしまうのかなと思います。カッコいいと思いますけどね。

ダンスが上手いとモテる理由

fashion-123652

オシャレに気を遣うようになる

ダンスを学んでいると、FUNKやHOUSE、R&BにHIPHOP、ダンスミュージックを嫌でも聞くようになっていきます。

ダンススクールに通えば、最先端のダンスミュージックを覚えて帰ることができますし、携帯のミュージックアプリは、どんどんイケてる洋楽で埋まっていきますね。

ダンスは見られてなんぼの世界ですから、服装も気にするようになりますし、流行りの服にも敏感になってくる。別に無理してダンサーっぽい服を着る必要はないですが、そんな仲間と一緒に踊っていると、自然と感性も磨かれていきます。

友だちもカッコいい人やキレイな人が多くて、そんな人と一緒にいたら、自分もオシャレになれるのでは?と感じます。

派手な服装をしていても、ダンスをやっているんだ、と聞くと、あぁ、なるほど!と思ってしまいますしね。

健康的でスタイルが良くなる

他のスポーツ同様、やはりダンスも、健康によく、体系を保つうえでも効果的!普段使わない筋肉を動かすので、体の巡りをよくするとも言われています。

ダンスと聞いてイメージするのはエグザイルやE-girlsなどがパッと思い浮かびます。筋肉隆々、スタイル抜群な人なのかな?なんて、イメージが膨らみますね。

実際ダンサーは、年齢より若く見える人も多いものです。

音楽を聴きながら踊ることで、より解放感を味わえるので、ストレスを発散するという意味でも、魅力的な趣味ですね。

個性的な印象を与える!

funny-dog-945685

やっぱりスポーツですから元気ハツラツとして見えるわけですが、ダンスは特に、その人独自の世界観を持ってやっていく、芸術の要素を多く含んだスポーツです。

ダンスをしているときだけは、普段と違う自分になれる。自分の隠れた一面を知っているというのは、時に相手に独特のオーラを感じさせることも。

ダンサーは変わっている人が多いと言われますし、自分もそう感じます笑

サッカーなどの大衆スポーツと違って、ダンスって、自分から勇気を持って飛び込まなければ入っていけない世界。

一歩を踏み出す、行動的な一面もあるのかな?なんて想像してしまいますね!

自分に自信を持っているように見える

やっぱり、「自分、ダンスやってます」って言えるとカッコいいですよね?

もちろん実力が伴わないと、ただの口八丁で終わってしまいますが、ダンスをやっている自分って、やっぱり好きになれます。

オハイオ州立大学心理学教授のリチャード・ペティ氏の言葉を借りれば、自信とは、「考えを行動に変える力」。

ポジティブで積極的な人の方が、女子でも男子でも、モテるに決まっていますよね。

実際自分の周りでも、コンプレックスを持って始めたダンサーはむしろ多い。そうやって練習を続けてきたダンサーの方が、今でも辞めずにダンスを続けていますし、その分着実に上達していますよ。

部活や文化祭でモテることはある?

crowd-658758

ジャンルによって男女比に隔たりがあり、女子との距離は意外と遠い…

学生で、部活やサークルに入ると、自分の好きなジャンルに取り組むわけですが、お互い、男女間で相いれないジャンルを選ぶことが多いんですよね。女子は女子のダンス、ガールズヒップホップやジャズ、一方の男子はブレイクダンスやロックダンスなど!

なので、あんまり部活、サークル内で恋愛に発展するケースっていうのは無い…。文化祭などで、一緒に踊ることはありますけどね。

中には付き合っている人もいましたが、結局この人たちは、別のスポーツやっていても付き合っていただろうな。という感じでした。

部活でも、サークルでも、上手くなる人は根がマジメ

ダンサーって、モテるためにやってる?と誤解されがちですが、フタを開けてみれば根がマジメな人がとても多いです。

もちろん多くの人は、かっこよくなりたくて始めるのでしょうが、学生の頃にダンスをやっていて、社会人になっても続けている人は少数です。

インストラクターなどになってダンスを仕事にした人か、ダンスをむしろ、今まで普通に生きてきた学生生活を輝かせたくて、夢をもってダンスに取り組んでいた人かの2通りです。

コンプレックスから、ダンスで見返してやりたい!と思っている人の方が、しっかり練習するし、長く続けていける。自然と、実力もついていきます。

男女で楽しく踊れるジャンルは?

女子も男子も、一緒に踊って楽しめるダンスを探しているなら、やっぱりヒップホップを選ぶと良い!ダンスの人口も最も多いですし、一緒にショーケースに出られたら、楽しいですよね?

教えたり、教わったりする機会もありますし、仲は他のジャンルよりも深まりやすいと言えるでしょう。

一方、注目されたい!「すごい、ダンス踊れるんだね~!」と、見られてモテるジャンルを選ぶなら、男性ならポッピンかハウス、女性ならワックがおススメです!

ポッピンは、いわゆるロボットダンスを含むジャンル。ある程度コツをつかむと、一気に人気者になれますし、普段の飲み会や何かで、ちょっと余興で踊って見せて!なんて時にも目立てるジャンルです。

ハウスは足さばきで魅せるクールなジャンルで、音の取り方が特徴的なので、女子にも男子にも人気。カッコいいダンスの代表格ですね。

ワックは女子のダンスですが、腕をきれいに使いこなす、ポージングを中心としたダンス。動きに特徴のあるクールなジャンルで、見栄えは人一倍よくなります。

ダンスのジャンルは下の記事で詳しく解説していますので、まだあまりダンスのジャンルがよくわからない、という人は覗いてみてくださいね。

ダンスの種類は多種多様!ジャンルと難易度をあわせて紹介!

ダンスができるとクラブでモテるのか

いい音楽を聴きにクラブへ、昔はそんな時代もあったようですが、今はそんな風潮はどこ吹く風。やっぱりナンパ目的が主となってしまっていますね。

クラブといえば、ダンスをしに行く!とにかくはじけに行くわけですが、果たしてここでダンスができるとモテるのでしょうか。

クラブでのダンスは、リズムが取れればOK!

クラブによっては、ブレイクダンスを禁止している場所も多くありますし、あんまり激しいダンスは逆に引かれてしまう。特にストリートダンスみたいに、私、ダンサーです!というような動きは敬遠されがちです。

クラブでノリを磨くのって、ダンサーにはとても大切なことなんですが、本格的に踊っていて、盛り上がっている光景はあまり見ませんね。

それよりも、女の子とちゃんと向き合って、お互いコミュニケーションをとりながらリズムをとるくらいのダンスが、受け入れられやすい。

特に、女の子のマネできるような簡単なダンスをして、一緒に踊れる雰囲気になれば、一気に距離が縮まりますよ?

クラブでモテる人の特徴

  • ノリがいい
  • 服装が派手
  • 会話がうまい

友達感覚でフランクに話しかけられると、やっぱりなじみやすいんですね。とにかくクラブでモテるには、コミュニケーションと会話力!

また、服装も大きなカギの一つ。人の第一印象は服装と髪型で決まると言われています。ただ、もちろんナチュラルなカッコよさは必要ですが、そんなに思い切ったファッションは必要ありません。

クラブは場所によってもカラーがありますが、六本木や、渋谷でおなじみナンパクラブのキャメロットなどでは、やはり服装が派手な男女が目立ちます。

逆にAGEHAや渋谷の一般的なクラブでは、意外とカジュアルな服で来ている人が多く、ジャケットやニットをスマートに着こなしていると、逆に浮いてしまう可能性も。

まとめ

ダンサー同士なら話は別ですが、文化祭で踊っていても、クラブで踊っていても、「ダンス、うまかったです〃」なんて声をかけられることは、残念ながら、ほとんど見たことも聞いたこともありません笑

かなり上達して、バトルイベントで勝ち上がるくらいになると話は変わってきますが、ただ、ダンスをやっているだけでは、モテる、ということにはつながっていかないでしょう。

ですが、がっかりしないでくださいね。ダンスの一番の魅力は、それが、コミュニケーションツールであること。

社会に出たら、ダンスを披露する場って、意外といっぱいあります!会社の飲み会、結婚式の余興、街中のフェス。「私、ダンスをやっているんだ」と言っておくと、想定外に声がかかります。

自分自身、会社の半期の打ち上げなどで、ダンスを教えてほしいと、お偉いさんから頼まれたり、女性陣にお願いされたりして、交友関係が広がっていますよ?

ダンスは人と人とをつなぐ輪。結局モテるモテないは、そのひとの中身で決まりますが笑 それでも、きっかけをつくるパワーは間違いなく持っているのがダンスです!

そして、異性にとってあなたの魅力は、ダンスが好きかどうかで決まるはず。モテたいならモテたいで、スタートすればいい。どんなきっかけでも、ダンスにあこがれてくれる人がいることは、とても嬉しいことだと感じます。

関連記事

  1. jumping kids

    ダンススクールの選び方の基本と注意点!押さえておきたいポイントは!

  2. diet-dance

    【東京都内】ダイエット目的で通うダンススクールおすすめ5選!

  3. dance-school-teacher

    【東京都内】未経験者・初心者におすすめのダンススクール!

  4. money kids

    安いダンススクールを探せ!東京都内ならココ!

  5. shoes

    とにかく上達するダンススクールランキング!

  6. hi-touch

    ダンススクールに出会いはあるの?習い事や趣味から生まれる交流とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP